鏡を見ながら、赤ちゃんが出てくる様子が見れました。

1月3日に第2子の男の子を産みました。2回目のお産ということで、前回よりは短い時間で産みたいということと、上の子も立ち会う予定だったので、あまり長い時間をかけずに、勢いよく産もうと思っていました。夜の9時ころから規則的な陣痛が来ていましたが、程よく力を抜いて、陣痛をのがしたおかげか、思ったよりも早くお産が進んで、あっという間に夜中の2時頃には痛みがピークにきました。子宮口も全開大になって、「ここからはイキんで」と言われても、痛みを逃すのに精一杯で、なかなか力が入らないので、トイレに座ったところ、自然にいきめました。この時、夫が体を支えてくれて、ずいぶんと体が楽になったので、あとは力一杯いきみました。ベッドへ戻って、またいきむと、すぐに頭が見えて、鏡を見ながら、赤ちゃんが出てくる様子が見れました。この部分はとても感動して今でもなんども思い出してしまいます。とても良いお産ができたのは、ずっと側について励ましてお世話していただいた助産師さんたちのおかげです。本当にありがとうございます。