生まれた赤ちゃんを抱っこしたときは本当に安心して感動しました

(長男)長男です。可愛い子がうまれてよかったです。長女にかわります。

(長女)ちょうじょー。(ママ:生まれてどうでしたか?)ちょうじょー。

(パパ)パパです。2人目の齋藤さんのところでの出産でした。出産には間に合わなかったですけど、へその緒は切ることができました。健康に育ってくれれば満足です。

(ママ)今回齋藤助産院で第3子の女の子を出産しました。前日の夜から何となく下腹部が痛い気がして、寝てましたが夜中も痛みが10分から15分間隔で続いていました。朝方には痛みが強くなったので朝7時過ぎに齋藤助産院に電話して、齋藤さんから「何か食べれそうなら食べてきてね」とのことでおにぎりを食べて家族みんなで助産院に向かいました。

到着してから見てもらうと、子宮口は3センチでした。安心したのか不思議と痛みは弱まり家族は帰宅しました。

8時過ぎからまた痛みが強くなって、齋藤さんからお風呂をすすめられて入ってみるとどんどん陣痛が本格的になり

浴槽から齋藤さんに引き上げられて、そこから必死でハイハイで和室まで移動しました。助産師さん達にたくさん声をかけてもらって、パパたちも間に合わないほど膝立ちであっという間に出産となりました。助産師さんから手元に赤ちゃんを抱っこさせてもらったときは本当に安心して感動しました。そのあとパパたちの到着を待ってへその緒を切ってもらいました。

齋藤助産院という太陽のようにあったかいやさしいエネルギーが集まった場所で、心強い助産師さんたちに心身ともに寄り添ってもらって

心に残るお産となりました。入院中も皆さん親身になって明るく支えていただいて、産後の心配事も1つずつ丁寧にきいて頂いてリラックスして過ごすことができました。本当にありがとうございました。