2021年 あけましておめでとうございます

スタッフ全員、元気に新年を迎えることができました。


12月30日に2人の初産婦さんが出産しましたので、元旦はおせち作りでした。出産予定日からいうと、年末年始は入院の方はいないはずでした。12月にとても多かった産後入院の方もなく、加えてコロナの感染拡大で子供や孫たちも来れそうになかったので、のんびり「寝正月」の予定でした。お二人はそれぞれ1月6日、10日の予定でしたが、前期破水から始まりました。初産婦さんの破水はその後なかなか陣痛が来なくて時間切れ(24時間)で病院に行くケースが多いのですが、半日くらいで陣痛がついてきて、いい感じでガンガン進み、2人とも日付が変わる前に生まれました。女の子と男の子です。「いと」ちゃんと「夕陽」くん。お風呂の後とか居間のベッドに2人並んで寝ているのをみていると、何か2人の不思議な縁を感じます。将来、大きくなってまた出会うことがあるかもしれませんね。コロナ感染拡大防止でお母さんどうしはおしゃべりもできませんでしたが、帰る日、玄関の外で2家族、楽しそうに写真を撮っていました。私にとっても楽しいお正月でした。

そのあと、今月は今日まで経産婦さんが2人と初産婦さんが1人のお産がありました。今月はこの後お産の予定がありません。2月の予定も(あくまで「予定」ですが)中旬からなので、ほぼ1ヶ月間「お産なし」になりそうです。こんな時は旅行でも…..と思いますが、コロナでお出かけもままなりません。でも、スタッフの熊谷さんがおうちを買って近々下の助産院から独立し、また、息子夫婦(スタッフのかおりちゃん)も小出小学校の近くに家を買ったので、これから変化の多い日々になりそうです。(クマちゃんが引っ越した後に、下の助産院には、以前しばらく住んでいたことがあるケイちゃんが沖縄から戻ってきて住んでくれるかもです。またいろいろ賑やかな日々になりそうです。)

予定の立たない助産院。「いつも何かがおこっている」齋藤助産院。産後ケア棟増設の話がどう進むのかな?今年はどんなドラマが待っているのかな?楽しみでもあり、心配でもあります。 (齋藤弓子)

前の記事

この1年を振り返って